どうじんようごのきそちしき・こみけさんかのきそちしき

■ コミケでの「マナー」  ■

こみけでのまなー

同人用語の基礎知識  / コミケ参加の基礎知識 / コミケでのマナー
 内容が前項と多少被るのですが、コミケに参加するときのマナーです。
 その他当然の社会的常識は守って下さい…。


入場行列時のマナー。

●座り込んでもいいですがあまり騒がないで下さい。スタッフが見て何事かと思います。

●カードゲームや麻雀は程々に。邪魔になってる場合も多いです…。
●出たゴミはゴミ箱へ。とにかくゴミを放置していかないで下さい。
●トイレや買い出しで列を離れる時は周りの人に一声かけてから。
●割り込んだり、割り込ませてあげたりするのは止めましょう…。人が抜けたからといって入れ替わるのも不快に思われるかも。

ページ先頭へ


サークルさんを回る時のマナー。

 とにかく「失礼」な人は嫌われます。

●長時間特定のスペースの前にいないで下さい。
長時間の立ち読みも気分いいものじゃありません。買おうね…。

●朝イチで万札や5千円札を出さないで下さい。
大手サークルでも準備会スペースでもそれは同じ。あらかじめ両替しておいてから来場して下さい。また、朝イチでなくても「大きいお金でも大丈夫ですか」と訊いてから出して下さい。


●汗だくだと見ていて気持ち悪いです(特に男性…)。
最低でも手は拭いて下さい。タオルなどは持ってきて下さい…。


●親しく話しかけるのはいいですが、必要以上に馴れ馴れしいのは恐いです。
ネットの掲示板で書き込んでるから、チャットでいつもお話しているから、メール交換してるから…とは言っても、異性の場合は特にね。


●逆に終始無言なのも恐いです…。「この本下さい」とか位は喋ってね。


●スケブは強要しないで下さいね。
特にコミケでは、スケブ描けない場合も多いんですよ…。


通りがかった時にジャンルやカップリングをけなさないでね
2、3人で来てる女の子に多いんですが。プ、と笑うのも大変失礼です。


●あと、サークルの人にその場所を訊いたりした場合に、目当てのサークルじゃなかったからって無言で去るのは止めましょう…。


 とにかく、何かしてもらったら「ありがとうございます」と、迷惑をかけた時には「すいません」が言えるように…。

ページ先頭へ


スケブのマナー。

 スケブは描いてもらって当然のものではないということは覚えて置いて下さい。

●名前を知らない作家さんにスケブを頼む場合、発行物は買いましょう。

無理矢理な要求は止めましょう。浴衣で●●を描いて、とか…色絶対塗って、とか無茶です…。
●描いてもらったら「ありがとうございました」は必ず言いましょう。スケブは当然のサービスではありません。
描けないといわれたら素直に引き下がって下さい。ダメなものはダメです…。
●普段スケブを受け付けているサークルでもコミケではダメという場合もあります。注意して下さい。
●スケブには念のため、住所氏名はかいておきましょう。いちいち頼んでくれた人の顔覚えてられないコトもありますし、万が一取りに行くのを忘れた場合に、サークルさんによっては着払いなどで送ってくれたりもします。

 「描く」方のマナーについては別のところに。

ページ先頭へ


差し入れの基礎知識。

 夏に割と喜ばれる差し入れは「ヒヤロン」とか(冷えた)「ゼリー飲料」です。冷たい生ビールも相手によっては喜ばれるかも知れませんが、その前に酒類の持ち込みは禁止です(苦笑)。

 冬だと何がいいでしょう…?ワタシは会場で買った暖かいコーヒー等差し入れますが。スペースによっては寒いので(特にシャッターに近い場合は)使い捨てカイロなんかがいいかもしれません。
 あ、何を差し入れするにしても、あまり面識のない作家さんに差し入れする場合には、住所氏名と本の感想などを書いた手紙を添えた方がいいでしょう。

迷惑がられる可能性の高い差し入れ

なまもの。
ケーキ・アイスクリーム等要冷蔵のものに限らず、日持ちのしない食べ物は基本的に避けた方がいいでしょう。特に夏は会場の暑さで痛んでしまいます。


花束。
特に男性作家相手には。女性作家でも嫌いな人は嫌いです。持って帰るのが大変なのと、枯れてしまうのが悲しいのと…。(でも喜ぶ人は喜びます)


大きなもの。
……ペーパー等で「●●●●のポスターが欲しいんですけど」等とかいてある場合以外は大きなものは避けるのが無難。持って帰れないモノ困るんです…。

喜ぶ人とそうでない人がいる差し入れ



同人誌。
「これワタシが作った本なんですけど」…と言って本の「差し入れ」は好き嫌いあります。ペーパーだけ渡すくらいの方がいいかもしれません。本やグッズその作家さんが興味を持ってくれたら差し上げる…くらいの方が。同人誌等には好き嫌いあるので、「貰って下さい」ってのは抵抗がある作家さんもいます。


手作りのお菓子。
日持ちしないというのもあるのですが、色んな意味でちょっと恐いです(苦笑)。

 なお、たいていのサークルさんは、差し入れというモノより、本の感想の方が嬉しいと思います…。

一般参加者の基礎知識へ ページ先頭へ 帰り・後日編へ